目次



かくとだに思ふ心を岩瀬山下ゆく水の草隠れつつ  後徳大寺左大臣 (巻第十二 恋歌二1088番)  2018/4/3−2018/0/0


和歌番号 和歌
1081 下燃えに思ひ消えなむけぶりだに跡なき雲のはてぞかなしき
したもえに おもいきえなん けむりだに あとなきくもの はてぞかなしき
密かに思い焦がれて亡くなって、荼毘の煙さえも跡を残さない雲となってしまうのかと思うと悲しい恋です。
1082 なびかじな海人の藻塩火たきそめてけぶりは空にくゆりわぶとも
なびかじな あまのもしおび たきそめて けむりはそらに くゆりわぶとも
なびかないでしょうね。海人が藻塩を焼く火を焚き始め、甚だしく煙って空を染ていても。
1083 恋をのみ須磨の浦人藻塩たれほしあへぬ袖のはてを知らばや
こいをのみ すまのうらびと もしおたれ ほしあえぬそでの はてをしらばや
恋ばかりする須磨の浦人は泣き崩れて袖を乾かしている間がありません。その袖がしまいにはどうなってしまうのか知りたいですね。
1084 みるめこそ入りぬる磯の草ならめ袖さへ波の下に朽ちぬる
みるめこそ いりぬるいその くさならめ そでさえなみの したにくちぬる
海松は潮が満ちれば海に入ってしまう磯の草だけど、私の袖さえも涙の波の下に朽ちてしまいましたよ。
1085 君恋ふと鳴海の浦の浜久木しをれてのみも年を経るかな
きみこうと なるみのうらの はまひさぎ しおれてのみも としをふるかな
あなたに恋するようになった身は、鳴海の浦の浜に生えている久木のようなもの。涙にしおれて私の身も長い年月を重ねましたよ。
1086 知るらめや木の葉降りしく谷水の岩間にもらす下の心を
しるらめや このはふりしく たにみずの いわまにもらす したのこころを
1087 もらすなよ雲ゐる峰の初時雨木の葉は下に色変わるとも
もらすなよ くもいるみねの はつしぐれ このはワしたに いろかわるとも
1088 かくとだに思ふ心を岩瀬山下ゆく水の草隠れつつ
かくとだに おもうこころを いわせやま したゆくみずの くさかくれつつ
1089 もらさばや思ふ心をさてのみはえぞ山城の井出のしがらみ
もらさばや おもうこころを さてのみは えぞやましろの いでのしがらみ
1090 恋しともいはば心のゆくべきに苦しや人目つつむ思ひは
こいしとも いわばこころの ゆくべきに くるしやひとめ つつむおもいは 
1091 人しれぬ恋にわが身は沈めどもみるめに浮くは涙なりけり
ひとしれぬ こいにわがみワ しずめども みるめにうくは なみだなりけり
1092 物思ふといはぬばかりは忍ぶともいかがはすべき袖の雫を
ものおもうと いわぬばかりは しのぶとも いかがワすべき そでのしずくを
1093 人知れず苦しきものは信夫山下はふ葛のうらみなりけり
ひとしれず くるしきものは しのぶやま したはうくずの うらみなりけり
1094 消えねただ信夫の山の峰の雲かかる心の跡もなきまで
きえねただ しのぶのやまの みねのくも かかるこころの あともなきまで
1095 限りあれば信夫の山のふもとにも落葉が上の露と色づく
かぎりあれば しのぶのやまの ふもとにも おちばがうえの つゆといろづく
1096 うちはへて苦しきものは人目のみしのぶの浦の海人のたく縄
うちはえて くるしきものワ ひとめのみ しのぶのうらの あまのたくなわ
1097 忍はじよ石間づたひの谷川も瀬を堰くにこそ水まさりけれ
しのばじよ いしまづたいの たにがわも せをせくにこそ みずまさりけれ
1098 人もまだ踏み見ぬ山の岩隠れ流るる水を袖に堰くかな
ひともまだ ふみみぬやまの いわかくれ ながるるみずを そでにせくかな
1099 遥かなる岩のはざまにひとりゐて人目思はで物思はばや
1100 数ならぬ心のとがになしはてじ知らせてこそは身をも恨みめ
かずならぬ こころのとがに なしはてじ しらせてこそワ みをもうらみめ
1101 草深き夏野分けゆくさを鹿の音をこそ立てね露ぞこぼるる
くさふかき なつのわけゆく さおじかの ねをこそたてね つゆぞこぼるる
1102 後の世を嘆く涙といひなして絞りやせまし墨染めの袖
のちのよを なげくなみだと いいなして しぼりやせまし しみぞめのそで
1103 玉章の通ふばかりになぐさめて後の世までの恨み残すな
たまづさの かよふばかりに なぐさめて のちのよまでの うらみのこすな
1104 ためしあればながめはそれと知りながらおぼつかなきは心なりけり
ためしあれば ながめワそれと しりながら おぼつかなきワ こころなりけり
1105 いはぬより心やゆきてしるべするながむる方を人の問ふまで
いわぬより こころやゆきて しるべする ながむるかたを ひとのとふまで
1106 ながめわびそれとはなしにものぞ思ふ雲のはたての夕暮れの空
ながめわび それとワなしに ものぞおもう くものはたての ゆうぐれのそら
1107 思ひあまりそなたの空をながむれば霞を分けて春雨ぞ降る
おもいあまり そなたのそらを ながむれば かすみをわけて はるさめぞふる
1108 山賤の麻もさ衣をさをあらみあはで月日やすぎ葺ける庵
1109 思へどもいはで月日はすぎの門さすがにいかが忍びはつべき
1110 逢ふことは交野の里の笹の庵しのに露散る夜はの床かな
1111 散らすなよしのの葉草のかりにても露かかるべき袖の上かは
1112 白玉か露かと問はむ人もがな物思ふ袖をさして答へむ
1113 いつまでの命もしらぬ世の中につらき歎きのやまずもあるかな
1114 わが恋は千木の片そぎかたくのみゆきあはで年のつもおりぬるかな
1115 いつとなく塩焼く海人の苫びさし久しくなりぬ逢はぬ思ひは
1116 藻塩焼く海人の磯屋の夕けぶり立つ名も苦し思ひ絶えなで
1117 須磨の海人の袖に吹きこす潮風のなるとはすれどてにもたまらず
1118 ありとても逢はぬためしの名取川朽ちだにはてね瀬々の埋れ木
1119 歎かずよ今はたおなじ名取川瀬々の埋れ木朽ちはてぬとも
1120 涙川たぎつ心の早き瀬をしがらみかけて堰く袖ぞなき
1121 よそながらあやしとだにも思へかし恋せぬ人の袖の色かは
1122 忍びあまり落つる涙を堰きかへし抑ふる袖よ憂き名もらすな
1123 くれなゐに涙の色のなりゆくをいくしほまでと君に問はばや
1124 夢にても見ゆらむものを歎きつつうち寝る宵の袖のけしきは
1125 覚めてのち夢なりけりと思ふにも逢ふはなごりのをしくやはあらぬ
1126 身にそへるその面影も消えななむ夢なりけりと忘るばかりに
1127 夢のうちに逢ふとみえつる寝覚めこそつれなきよりも袖は濡れけれ
1128 頼めおきし浅茅が露に秋かけて木の葉ふりしく宿の通ひ路
1129 忍びあまり天の川瀬にことよせむせめては秋を忘れだにすな
1130 頼めてもはるけかるべき帰山幾重の雲のうちに待つらむ
1131 逢ふことはいつと伊吹の峰におふるさしも絶えせぬ思ひなりけり
1132 富士の嶺のけぶりもなほぞ立ち昇る上なきものは思ひなりけり
1133 無き名のみ立田の山に立つ雲のゆくへも知らぬながめぞする
1134 逢ふことのむなしき空の浮雲は身を知る雨のたよりなりけり
1135 わが恋は逢ふを限りの頼みだにゆくへも知らぬ空の浮雲
1136 面影の霞める月ぞやどりける春や昔の袖の涙に
1137 湯かの霜枕の氷消えわびぬ結びもおかぬ人の契りに
1138 つれなさのつぐひまでやはつらからぬ月をもめでじ有明の空
1139 袖の上にてらゆゑ月は宿るぞとよそになしても人の問へかし
1140 夏引の手引きの糸の年へても絶えぬ思ひに結ぼほれつつ
1141 幾代われ波にしをれて喜船川袖に玉散る物思ふらむ
1142 年も経ぬ祈る契りは初瀬川尾上の鐘のよその夕暮れ
1143 憂き身をばわれだにいとふいとへただそをだにおなじ心と思はむ
1144 恋ひ死なむおなじ浮名をいかにしてあふにかへつと人にいはれむ
1145 あす知らぬ命をぞ思ふおのづからあらば逢ふ世を待つにつけても
1146
つれもなき人の心はうつせみのむなしき恋に実をやかへてむ
1147 何となくさすがに惜しき命かなありへば人や思ひ知るとて
1148 思ひ知る人ありけりのよなりせばつきせず身をば恨みざらまし



上に戻る